精神分析

精神科の医師は神経症の治療を行なうのに精神分析療法を用いることがあります。
この精神分析療法は、19世紀にウィーンの医師フロイトが完成させ普及させたものです。
複数ある治療技法の中に自由連想法というものがあります。
まず長椅子などに座らせリラックスした状態の患者に、頭に思い浮かぶことを包み隠さず医師に語ってもらいます。次に訓練を受けた医師はことばのなかから患者の深層心理に隠された原因を探し出ます。最後に解釈と呼ばれる手法で患者に納得の行く説明を行ない治療に導くというものです。
医師は実際に患者を治療するために、自らほかの医師による精神分析を受け療法を実体験する必要があります。

現在では、多くの時間を要することや自由診療で健康保険が原則として適用されないことから、厳密なフロイト療法が使用されることはほとんどありません。そのため改良された形でカウンセリングに応用されることが多いようです。
一般の臨床場面では現実に即した使用がなされ、患者の治療に役立てられています。
また精神分析は人間の深層心理を追求することから、文学を初めとして芸術の分野でも語られるという一面も持っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

(Required)

Proudly powered by WordPress   Premium Style Theme by www.gopiplus.com