睡眠障害とストレス

睡眠障害とは、睡眠に異常があることです。
睡眠異常、睡眠時随伴症、内科・精神科的睡眠障害、その他の原因不明の睡眠障害と、4つに分類されます。
睡眠障害専門の病院とは、日本睡眠学会の認定機関や認定医がいる病院です。病院、睡眠とキーワードを入れてインターネットで検索してみると、睡眠外来や睡眠センターなど睡眠に関する病院が数多く出てきます。睡眠障害の治療を行っている医師の全てが日本睡眠学会の認定医ではありません。日本睡眠学会の認定医は人数が少ないです。近くに認定医がいるか調べてみておいた方が良いでしょう。
また、精神科の看護師の中には、精神看護に特化した「リエゾンナース」がいます。リエゾンナースがいる病院も探していおくと良いかもしれませんね。
睡眠障害は自分では気付きにくい場合があります。いびきが酷い人や寝つきが悪い人、眠りが浅い人は一度睡眠外来を訪れてみると良いでしょう。眠りが浅く、寝ても疲れが取れない人は病院に行って軽めの睡眠薬を貰おうとしがちです。睡眠薬を飲んでいるうちは眠れるでしょうが、それでは根本的な解決にはなりません。ずっと睡眠薬を飲み続けていたら効き目が無くなり、さらに強い睡眠薬に頼らなければならなくなるでしょう。そうなっては一生薬漬けになり兼ねません。睡眠薬に頼る前に睡眠外来に行ってみた方が良いのです。睡眠障害の原因が心因的なものではなく、身体的なものであるなら睡眠外来に行った方が良いのです。
睡眠外来に行くと原因がはっきりしますから、それに合わせた適切な対処が取れるのです。
睡眠を甘くみてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

(Required)

Proudly powered by WordPress   Premium Style Theme by www.gopiplus.com